« 【おしらせ】NHK BS『プレミアムシアター』 | トップページ | 申し訳ありません。その2 »

2015年4月20日 (月)

申し訳ありません。

実は、、4月7日の朝から急に声が出なくなって、声優人生初、お仕事をお休みするという事態に。。

幸いにも日程を変更していただけたので、とにかくその日までに治す!!!!!!!


と、病院で強い注射をしていただき、お薬もたっぷり。


そして、とにかく全ての予定をキャンセルして、安静にして声の復活に努めました。


とにかくしゃべらない。


さらに、声帯と身体のために、テレビも音楽も本も、もちろんネットも極力見ないで、過ごしていました。


これ、風邪やインフルエンザとかで、もう体調もどうしょうもない状態で休んでいるのとは違って、身体は元気だし頭はクリアなので、気持ちばっかり落ち込んでしまって。。


でも不思議とよく眠れました。


ちょうど原稿の締め切りや勉強もあったので、自分の自覚してないところで疲れていたのかもしれません。


そして起きている間は、とことん内省の時間でした。


目を閉じて、こうなってしまった自分を振り返る。


しゃべれないって本当に辛い。


しかも、そういう状況になると、喋りたくて喋りたくて仕方のない自分がいて。


ちょうどそんな時、つんく♂さんの癌再発による声帯摘出のニュースが流れてきて、もちろん比べられるはずもないほどの隔たりはあるけれども、声を失う辛さが痛いほど心に突き刺さってきました。


でも、この時間はきっと与えられるべくして与えられたのかもしれない。


改めて、自分の喉と声、そして芝居やお仕事について、いろいろ考えました。

どれだけ、この声と身体が大切なのかということ。


そして何より、プロとして一番やってはいけない体調不良なのに、それを全力でサポートしてくださるマネージャーさんやデスクの皆さんの存在のありがたさ。


それに共演者の皆さんやクライアントさん、プロデューサーさん、ディレクターさん、制作スタッフさん、スタジオスタッフさんなどなど、皆さんには多大なご迷惑をおかけしているにも関わらず、そんな私に暖かい言葉やお見舞いや励ましをいただいて、恐縮と自責の念、そして何よりありがたい気持ちでいっぱいに。


改めて、みなさんに心から感謝、そしてこのお仕事をいただけていることに大きな感謝を感じる時間となりました。



そんな一週間をすごして、いよいよ収録の日。



とにかくこの日の標準を合わせて回復に努めてきたんだけど。。。
実は自分では100%の状態ではありませんでした。



最初はいいのですけど、ちょっと長く喋るとかすれる。。



ありがたいことにオンリーのナレーションだったので、1段落ごとに飲み物やのど飴をなめて、何とかその現場は乗り切ることができました。
多分編集作業が大変なことになってしまったと思いますが。。



そんな状況なのに、プロデューサーさんからは「水落さんにお願いして良かったです」とまでおっしゃっていただいて、身の竦むような気持ちでした。



とにかくスタジオを出たら、ほっとして、今まで緊張して堰き止めてた気持ちがほどけて、言葉が出てくる出てくる。
多少かすれていても、収録じゃないから大丈夫だし、お仕事の後のランチがこんなに美味しいなんて〜〜!
わ〜〜〜〜い〜〜〜!!

(つづく)

|

« 【おしらせ】NHK BS『プレミアムシアター』 | トップページ | 申し訳ありません。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【おしらせ】NHK BS『プレミアムシアター』 | トップページ | 申し訳ありません。その2 »