« 突然ですが…。 | トップページ | 神戸ルミナリエ »

2010年12月 6日 (月)

落日

Dsc02418

狂言を教えていただいていた茂山千之丞師匠が、12月4日に旅立たれました。

笑顔のすてきな師匠でした。
何事にも屈しない、そして何事にも流されない、飄々としていながら凛としたそのお姿が、わたしは大好きでした。

いろんなことを教えていただきました。

もっとたくさんのことを教えていただきたかったです。
もっともっとたくさんの舞台を観たかったです。


ご葬儀では本当に近しい方々に見守られて、心からの言葉が語られて、出棺の時には全員での追加(ついか)の祐喜(ゆうき)で送られていらっしゃいました。

大好きだったピンクのジャケットをお召しになって、ピンクの花に囲まれて、にっこり笑っていらっしゃいました。

本当にありがとうございました。
今頃は、笑って道中をゆるりゆるりとお歩きになってらっしゃることでしょう。

またどこかでお会いできたらうれしいです。

12月4日が、さらに忘れられない日になりました。

京都に向かう新幹線の車窓から、まんまるの太陽が大きな光を放ちながら京都の山に隠れていくのが見えました。
夕陽が、目にしみました。

|

« 突然ですが…。 | トップページ | 神戸ルミナリエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 突然ですが…。 | トップページ | 神戸ルミナリエ »