« フランスへ。 | トップページ | 美しき表現者たち。 »

2010年4月24日 (土)

「大樹釈尊 〜朝〜」

Dsc00460 Dsc00527

脚本家の高橋郁子さんが脚本・演出を手がけた「大樹釈尊 〜朝〜」を観に行ってきました。

お釈迦様の生涯と悟りを、お寺の本堂を舞台に、語り、声明、雅楽、舞で表現した四部作の最終回です。

お釈迦様が悟りを開く、まさにその時をドラマティックな語りで表現されていました。

だいたいの話の流れは知ってても、実は詳しいことは勉強してなかったお釈迦様。
そのお釈迦様も、実は悩み多き”人間”だったんだ、ということがよくわかりました。

またお寺の本堂という劇場とは違う空間の中で共鳴する雅楽と声明のコラボがまたすばらしい!!

新しい感覚、新鮮な発見をさせていただきました。

なんか、観たあと心がすっきりする、そんな会でした。

一回限りの上演がちょっともったいないな。

写真は山下亜矢香ちゃんと大本眞基子ちゃん、そして高橋郁子さんと。

Dsc00458_2
この時期なのに、お庭の木が真っ赤に色づいていました。
お釈迦様も血の通った人間なのだということを表しているのでしょうか。

|

« フランスへ。 | トップページ | 美しき表現者たち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フランスへ。 | トップページ | 美しき表現者たち。 »