« カレーとプリン | トップページ | 古武士のラーメン »

2009年2月 7日 (土)

あんこう鍋

Dsc05713 Dsc05722_2

先日、とある集まりで神田の老舗いせ源さんであんこう鍋をいただいてきました!!

創業なんと1830年!
建物も東京都選定歴史的建造物ということで趣きがあるんだけど、それより何よりさすが老舗ならではのお味!
美味しいです。

あんこうといえば、学生時代の授業を思い出します。
調理実習で、なんとあんこう1匹まるごとを吊るして、職人さんが”あんこうの吊るし切り”をまさに目の前で実演してくださるんです。

あんこうの実物を見るのも初めて、さらにその解体なんてそれこそ生まれて初めてで、かなり印象深い授業でした。
いやーーすっごい迫力でした。

吊るし切られたあんこうは、すべてボールに入れられます。
「あんこうの七つ道具」といって、皮から内蔵まで全て捨てるところがないんです。

目の前でおろしたばかりの肝臓をもらって蒸してあん肝を作ったり、他は下処理をしてお鍋でぐつぐつと。

そんなことを思い出しながら、歴史のあるお部屋であんこう鍋をいただきました。

お鍋の後、出汁がきいたおじやもおいしかったです。
量がそんなに多くなくてダイエッターにはやさしい鍋ですね!
コラーゲンたっぷりで明日のお肌が楽しみ〜〜♪

食後は、いせ源さんの目の前にある甘み処 竹むらさんで甘いものを。
みんなはあんこうならぬアンコものを頼んでいたけど、わたしは一人ところてんをツルツルと。
Dsc05724
席についてすぐにでてきた桜湯にほっと一息。
はぁ、美味しいものって人を幸せにしてくれますね〜〜


|

« カレーとプリン | トップページ | 古武士のラーメン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カレーとプリン | トップページ | 古武士のラーメン »