« 鬼が笑っちゃうかな? | トップページ | 幸せの掴み方。 »

2008年10月 2日 (木)

ピンクリボン。

10月1日は都民の日でしたね。
東京都の施設はだいたい無料になるんだけど、どこにも行けなかったな、、、
子供のころはカッパのバッジをつけていくと上野動物園やサンシャイン展望台がタダになった覚えが・・・

夜はピンクリボンのイベントで、東京タワーやヒルズや都庁もピンクにライトアップされたはず。

どこからも近いはずのスタジオだったんだけど、仕事終わったのが遅くて見られなかった・・・。

むむむ、残念・・。


10月はピンクリボンの月ですね。
乳がんがクローズアップされるけど、他の癌も大変。
でも早期発見すれば必ず命は助かるから。

でも痛みもなく知らないうちに進行していることが多いから、痛みが出てからではもう手の施しようがなくなる。

カラダは正直。

ちょっとでも「いつもと違うな」と思ったら面倒でもすぐ病院へ。
何にもなきゃそれでいいんだし。
病院行く時間なんてない?
たしかに仕事も忙しいよね、でもカラダが壊れたら、その大好きな仕事だってできなくなる。

会社に勤めている人は定期健康診断があるからいいけど、私をはじめ自由業の人は自分から行かないとならないから、つい面倒になるよね。
わかるわかる。
でも一年に一回くらいは自分のカラダのメンテもやったほうがいいと思う。

女性だけでなく、男性もね。
日本人の男性の二人に一人はがんで亡くなってるんだから。
びっくりでしょ?

それと健康な人でも毎日何万個のがん細胞がカラダの中にできてるんだって。
おまけに、がん細胞には寿命がない、どんどん増殖し続ける。
それをナチュラルキラー細胞、いわゆる”免疫力”で、そのがん細胞を毎日つぶしてる。
でもその”免疫力”が低下したら・・・

コワいよね。
免疫力はイライラしたり、怒ったり、悲しんだり、ストレス感じたりすると、あっという間に低下する。
だからいつも楽しい事を考えてニコニコして、好きな事をやる。
自分を一番楽なところに置かなきゃいけない。

でも仕事してたら、なかなかそんなことはできないよね。
人間関係でも、辛かったり悲しかったりがいっぱい。

でも一人でも癌で苦しむ人がいなくなりますように。

早期発見すれば、必ず命は助かるから。
それでも失うものはたくさんあるんだ。
だから早く、みつけて。
そして毎日を楽しく生きる。
楽しく、ね。
最近それができてない自分を反省、、、

そんな事をつらつら考えた夜でした。


|

« 鬼が笑っちゃうかな? | トップページ | 幸せの掴み方。 »

コメント

ウチは母親を癌で亡くしましたが、最後のほうは
かなり辛そうでしたね。
すい臓だったので、自覚症状が出るのが遅くて、
おまけに我慢強くて、医者嫌いだったのが災い
しまして、発見から半年くらいでした。

人間やっぱり大事なのは健康な身体であること
ですね。
「身体が資本」、本当にそのとおりです。

水落さんもどうぞご自愛ください。
毎日楽しく生きていきましょう(´∀`)ノ

投稿: 安全運転手 | 2008年10月 2日 (木) 20:21

こんばんは。
幸子さんは当たり前のように書かれてますが、
私は都民の日、知らないです(笑)
先日ニュースで言ってた時、
「都民の日?だから何?」
とか思ってましたが、
そのような特典?があるとは。

一生自分の体と付き合っていく。
免疫力とかも大事ですが、
食べるものも大事だと思います。
栄養のバランスは当然として、
食品添加物が気になります。
皆さん、売ってるものはすべて安全だと思ってますが、
食べるべきではないもの、
危険なものが数多くあるのですけどね。

投稿: まさ | 2008年10月 2日 (木) 22:20

安全運転手さん
お母様、大変でしたね。
すい臓はさらに痛みがなさそうで発見が遅れますよね、、、
ご冥福をお祈りしています。
カラダ、大事にしないとですね。
ありがとうございます。安全運転手さんもご自愛ください。

投稿: みずおち ゆきこ | 2008年10月 3日 (金) 10:31

まささん
考えたら自分が住んでいる以外の”県の日”ってわからないですよね。
でも各地でいろんな特典があるみたいです。
調べたらおもしろいかもしれませんね。
添加物は今はわからなくても、将来”危険だった”って判明するものも多いと思います。
なるべく無添加のものを選ぶようにはしていますけど、加工品はどこまで表示してあるか、それすらも曖昧ですもんね。
気をつけたいと思います。

投稿: みずおち ゆきこ | 2008年10月 3日 (金) 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼が笑っちゃうかな? | トップページ | 幸せの掴み方。 »