« また、預言カフェに行ってきました。 | トップページ | とろ〜り。 »

2008年10月31日 (金)

ハロ・・・

Dsc03524

ハロウィンです!

ハロウィンのかぼちゃって、邪悪なハロに見えるのは、わたしダケ・・・?

|

« また、預言カフェに行ってきました。 | トップページ | とろ〜り。 »

コメント

 おはようございます。

 鋭い指摘ですね。カボチャのランプの中で燃えている灯は、天国からも地獄からも拒否されてこの世をさ迷う魂となった《ウィル》という男を哀れんだ悪魔が、地獄の石炭を一粒与えたものだそううです。
 そこから、闇夜で怪しく燃える鬼火を《ウィル・オー・ウィスプ》(ウィルの種火)と呼び、その明かりを燈している蕪を《ジャック・オー・ランタン》(ジャックの明かり)と呼んでます。
 アメリカに渡った移民が、加工しやすいカボチャで作るようになって、世界中に広まったようです。
 怨みのこもった地獄の明かりですから、本来は不気味なものですよね。

 ゲームなどでは、かなり強力なモンスターとして登場してますよ。

投稿: ミドー | 2008年11月 1日 (土) 09:44

ミドーさん
こんにちわ。
ハロウィンのかぼちゃにそんな意味があったとは!
知りませんでした。
ミドーさんって物知りですね〜

最近は笑顔のカボチャもあって、てっきり楽しい明かりなのかと思っていました。
日本のお盆の提灯とはまた意味が違うんですね。
この世を彷徨う魂・・・
はやく天国にのぼれますように。

投稿: みずおち ゆきこ | 2008年11月 2日 (日) 14:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« また、預言カフェに行ってきました。 | トップページ | とろ〜り。 »